• HOME
  • 診療科目
    • 歯科治療
    • 歯周病治療
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯治療
    • インプラント治療
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
  • 医院の強み
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • お問い合わせ
  • 診療予約

歯の痛みは早めに治療しましょう
(虫歯治療)

トップ > 歯の痛みは早めに治療しましょう(虫歯治療)

「歯がしみる・痛い」――早めに治療しましょう~虫歯治療~

虫歯は、「酸」によって歯が溶かされることで引き起こされます。そして「酸」は、虫歯菌がプラーク(歯垢)の中で増殖し、食べかすに含まれる糖分を分解することで発生するのです。これが虫歯の起こるメカニズムです。

この虫歯ですが、ごく初期の段階では痛みなどの自覚症状がありません。「冷たい物がしみる」「歯が痛い」などの症状が現れたときは、かなり進行してしまっているかもしれません。放っておくとどんどん悪化しますので、お口に違和感がありましたら、お早めに大阪市東淀川区の歯科医院「悠デンタルクリニック」にご相談ください。

虫歯は早期発見が大切です

ごく初期段階の虫歯のことを「脱灰(だっかい)」と呼び、少しだけ歯が溶けた状態です。この脱灰であれば、歯が自然に修復される「再石灰化(さいせっかいか)」を促すことで削ることなく治ることもあります。

しかし、ある程度悪化してしまった虫歯は、患部を削らなければ進行を止めることができません。しかし、削ることで歯にはダメージが蓄積されていきます。もちろん削った部分は詰め物や被せ物で補いますが、天然歯に優るものはありません。そこで歯へのダメージを少しでも減らすためには、早期発見・早期治療で削らない、または削る量を最小限にすることが大切です。そのために虫歯予防が重要になります。

虫歯の段階とおもな治療法

C0 脱灰
エナメル質の表面が少しだけ溶かされた状態です。まだ痛みなどの自覚症状はありません。

ブラッシング指導を行い、毎日のケアで汚れをしっかり落とします。またフッ素塗布で歯の再石灰化を促すことで自然治癒することもあります。

C1 エナメル質の虫歯
エナメル質に小さな穴が開いて黒ずんで見える状態です。冷たい物がしみることがあります。

虫歯部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)などで補います。

C2 象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質にまで、虫歯が進行した状態です。冷たい物や甘い物がしみる、歯が痛むなどの症状が現れます。

虫歯部分を削り、詰め物や被せ物で歯の機能を回復します。

C3 神経に達した虫歯
エナメル質の内側にある神経まで、虫歯が進んだ状態です。激しい痛みがあります。

虫歯に感染した神経や歯を取り除いて薬剤を詰める根管治療を行い、被せ物を装着して機能を回復します。

C4 歯根に達した虫歯
神経が死んでしまうといったん痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまると再びズキズキと痛みます。

ほとんどの場合は抜歯となります。抜歯後は入れ歯ブリッジ・インプラントなどで歯の機能を補います。

根管治療について

神経まで達してしまった虫歯は、そのまま放置すれば抜歯をしなくてはいけません。しかし、歯を1本でも失うと歯並びや咬み合わせを乱すことにつながり、お口全体のバランスが崩れてしまうことがあります。

そこでお口の健康を守るため、できるだけ抜歯を避け、歯を残すために行う治療が「根管治療」です。歯の中の神経や血管が入っている細い管「根管」の中から、虫歯に汚染された神経や歯などを取り除き、内部を洗浄・消毒して薬剤を詰めます。最終的に被せ物などで歯の機能を回復することで、虫歯が悪化しても抜歯をせずに治療することができます。

根管治療から被せ物装着までの流れ
STEP1 : 汚染物質の除去

虫歯菌に汚染された根管内の組織を取り除き、根管内の形を整えます。

STEP2 : 洗浄・除菌

根管内部に細菌が残らないようにしっかり洗浄し、除菌します。

STEP3 : 薬剤の充填

根管内に細菌が入らないように、すき間なく薬剤を充填します。

STEP4 : 被せ物の装着

歯の根に土台(コア)を立て、その上に被せ物を装着します。

根管治療は終了するまで通院しましょう

根管治療は高度な技術と精度が必要な治療です。根管内の汚染物質を取り除き、消毒して薬剤を充填するというどの工程も確実に行い、虫歯菌を残さないようにしなければ、虫歯が再発してしまうからです。そのため通院回数が増え、通院期間が長くなってしまうこともありますが、予めご了承ください。

また、治療期間が長引くと途中で治療をやめてしまう方がいらっしゃいますが、これはお口の健康にとって非常にリスクが高いことをご理解ください。根管治療中は虫歯菌に感染しやすく、感染してしまうとどんどん進行してしまうのです。最終的には抜歯が必要になる可能性が高まってしまいますので、治療は必ず最後まで受けましょう。

虫歯は未然に防ぐことが
できる病気です

お口まわりのお悩みは
「悠デンタルクリニック」にご相談ください

このページの先頭へ

Copyright(C) TOUJI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.