• HOME
  • 診療科目
    • 歯科治療
    • 歯周病治療
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯治療
    • インプラント治療
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
  • 医院の強み
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • お問い合わせ
  • 診療予約

小児矯正の重要性について

トップ > 小児矯正の重要性について

子供の頃から歯並びを整えましょう~小児矯正~

咬み合わせが上と下で反対になっている 上の歯が出っ張っている 歯が重なって生えてきた

お子様の歯並びにこのような気になる点はありませんか?矯正治療は大人になってからでも治療可能ですが、子供の頃からはじめることで治療期間や治療効果にさまざまなメリットがあります。当院では非抜歯による治療を大前提にしており、抜歯せずに矯正が行いやすい子供のうちに治療することを推奨しています。お子様の歯並びでお悩みがありましたら、まずは一度、大阪市東淀川区の歯医者「悠デンタルクリニック」の小児矯正までご相談ください。

小児矯正の重要性

歯並びが乱れていると、ブラッシングによるセルフケアが難しくなるので、汚れがたまり虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また咬み合わせのバランスがくずれると全身への悪影響が出る可能性があるのです。ほかにも咀嚼(そしゃく:食べ物を咬み砕くこと)がうまくできず、食べ物を細かく砕けずに十分な栄養補給が難しくなります。これは成長期のお子様にとっては大きな問題につながります。

子供の矯正治療では顎の成長を利用しながら、顎の広さを確保して歯を正しく並べます。そのため、大人の矯正のように抜歯が必要になるケースも少なく、より自然な形で正しい歯並びに導くことができます。さらに床矯正は、下の位置や呼吸の改善(口呼吸から正しい鼻呼吸に導く)、咬む力の改善などにも効果的です。見た目はもちろん、発音や咀嚼、嚥下(えんげ:咬み砕いた食べ物などを呑み込むこと)といった機能改善を重視しています。正しい発音や咀嚼、嚥下のためには適正な歯並びが欠かせないので、当院では早い段階からの小児矯正治療をお勧めしています。

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因として上顎や下顎の未発達が挙げられます。これは子供のころに適正な機能(発育や咀嚼、嚥下など)ができておらず、顎に十分な刺激が伝わっていなかった可能性があります。すなわち、歯並びの問題は歯だけでなく、あごの委縮に大きく関与しています。そこで当院では、上顎や下顎の成長促進や機能を回復させるために矯正や訓練を行っていきます。当院では子供にやさしい床矯正を取り入れていますので、お気軽にご相談ください。

子供にやさしい「床矯正」について

子供にやさしい「床矯正」について

子供の顎の成長を利用する小児矯正では、主に床矯正という治療を行います。床矯正では、顎の正常な成長を促し、歯がきれいに並ぶスペースを確保できます。大事な歯を抜かなくていいので、咬み合わせを正しく導くことも容易です。

歯列矯正と床矯正の違いについて

歯列矯正

歯をきれいに並べることが目的です。そのために必要なスペースを抜歯によって確保することもあります。

床矯正

顎を広げることで歯がきちんと並ぶスペースを確保します。歯がそろっているので咬み合わせを比較的容易に整えることができます。

床矯正を行うメリット

メリット1:抜歯が不要です

床矯正では永久歯に生え替わる前から歯の移動を開始し、顎の骨を広げて永久歯がきちんと並ぶスペースをつくるので、永久歯を抜かずに済むことがほとんどです。

メリット2:あまり痛みがありません

床矯正では取り外し可能な装置で、ゆっくり弱い力をかけて治療を進めていきますので、痛みはほとんどありません。

メリット3:取り外し可能です

取り外しができるので、食事やブラッシングのとき、遊びに行くときや学校に行くときなどは外すことができます。

メリット4:虫歯や歯周病のリスクを抑えられます

床矯正は取り外しができるのでブラッシングなどのお口のケアも簡単で、虫歯や歯周病のリスクを低減します。

矯正治療はいつから始めればいいの?

成長期のお顔の形を整え、正しい機能の回復や成長を手助けするのが小児矯正の役目です。そこで成長に合わせて治療を行うことがとても大切。当院では、小児矯正は少しでも早くはじめた方がよいと考えています。その理由は、早ければ早いほど治療の選択肢が多く、費用も安く済ませられるからです。そこで乳歯の段階でも、歯並びなどに異変を感じたら早めの受診をおすすめしています。

また、糸切り歯が生えてしまうと、成人矯正になってしまうので時間も費用もかかってしまいます。できればその前、具体的には9~10歳までに歯を移動し、歯並びを整える方がよいと考えています。お子様のお口の状態によっても矯正治療をはじめるのに適したタイミングは異なりますので、少しでも気になる点がありましたらお早めにご相談ください。

矯正治療の期間はどれくらいかかるの?

矯正治療の期間は、歯や顎の状態によって異なりますが、お子様の場合は7歳から始められることを目安にお考えいただければと思います。矯正期間中は4~6週間に1回程度ご来院いただき、お口の状態を確認させていただきます。

矯正装置取り外し後について

矯正治療によって歯並びが整ったら矯正装置を取り外します。しかし、そのまま放置すると、せっかく整えた歯が元の位置に戻ってしまいます。これを「後戻り」と呼んでいますが、後戻りを防ぐために行うのが「保定」という処置です。小児矯正の場合は、小学校卒業から第2大臼歯が生える中学2~3年生くらいまで保定装置を装着していただきます。永久歯列が生えそろうまで当院が責任を持って診療いたします。

お子様の呼吸は鼻呼吸? それとも口呼吸ですか?

お子様の呼吸を気にしたことはありますか?もし口呼吸をしている場合、風邪をひきやすくなったり、お口の中が乾燥して虫歯になりやすくなったり、睡眠障害や歯並びにも影響してしまうことがあります。そこでお子様が寝ているときに、口元に耳を近づけてみてください。もし、口で呼吸しているようなら訓練をはじめましょう。
当院では、お子様の嚥下機能や姿勢、呼吸をチェックして、口呼吸を改善するための訓練も行っています。また、矯正治療と並行して口呼吸の訓練も行えば、矯正治療をスムーズに進められて、治療後の後戻りも防げます。

お口まわりのお悩みは
「悠デンタルクリニック」にご相談ください

このページの先頭へ

Copyright(C) TOUJI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.