• HOME
  • 診療科目
    • 歯科治療
    • 歯周病治療
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯治療
    • インプラント治療
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
  • 医院の強み
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 料金表
  • 診療予約

歯の黄ばみが恥ずかしい
(ホワイトニング)

トップ > 歯の黄ばみが恥ずかしい(ホワイトニング)

黄ばんでしまった歯を白く~ホワイトニング~

毎日ブラッシングしているのにいつの間にか黄ばんでしまった歯。写真や鏡を見て歯の黄ばみが気になったことはありませんか? 健康な歯であれば削ったりせず、ホワイトニングで比較的手軽に白くすることができます。白い歯でさわやかで若々しい印象を手に入れましょう。

ホワイトニングとは?

専用の薬剤を使って黄ばんでしまった歯を白く漂白する処置をホワイトニングといいます。歯は加齢や色の濃い飲食物によってだんだんと着色していきます。この色素沈着を取り除き、歯を白くするのがホワイトニングです。

白い歯は笑顔に自信が持て、肌の色もワントーン明るく見えるというメリットがあります。最近では美に敏感な女性だけでなく男性もホワイトニングを受ける方が増えています。興味のある方は、お気軽に大阪市営地下鉄今里筋線「だいどう豊里駅」から徒歩5分、東淀川区の歯科医院「悠デンタルクリニック」にご相談ください。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行っていただく「ホームホワイトニング」があります。この2種類のホワイトニングを組み合わせるのが「デュアルホワイトニング」です。

オフィスホワイトニング

歯のクリーニングのあと、歯を白くする高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を当てて歯を白くします。1回の施術で白さを実感できますが、持続力が弱く、色が元に戻りやすいというデメリットがあります。

ホームホワイトニング

歯科医院でつくった専用のマウストレーにホワイトニング剤を入れ、1日数時間、お口に装着していただきます。白さを実感するまでにはある程度の期間が必要ですが、お好きな時間に行うことができ、色が元に戻りにくいというメリットがあります。

デュアルホワイトニング

「オフィスホワイトニング」を行ってから「ホームホワイトニング」を継続して行っていただくのが「デュアルホワイトニング」です。すぐに白さを実感でき、さらに持続性も期待できるというメリットがあります。

ホワイトニングの注意点について

  • 妊娠中や授乳中の方にはおすすめできません
  • 虫歯や歯周病がある方はその治療が優先します
  • 人工歯はホワイトニングできません
  • ホームホワイトニングでマウストレー装着中は飲食や喫煙はできません
  • オフィスホワイトニングを受けた当日や翌日は、色の濃い飲食物の摂取は控えてください

ガムブリーチ

歯を白くすると歯ぐきの黒ずみが目立ってしまうことがあります。歯ぐきの黒ずみの原因がタバコなどによるメラニン色素の沈着の場合は、ガムブリーチで健康はピンク色の歯ぐきにすることが可能です。ぜひ、ホワイトニングと合わせてご検討ください。

ガムブリーチの注意点

ガムブリーチができない方

  • 歯周病などで歯ぐきに炎症がある方
  • アルコールやフェノール類の薬剤にアレルギーがある方
  • 黒ずみの原因が金属の被せ物の方

ガムブリーチの施術後の注意点

  • 施術後3~4日間ほどは歯ぐきが白っぽくなります
  • 刺激の強い飲食物は避けましょう
  • ブラッシングやうがいなどでお口の中を清潔に保ちましょう

お口まわりのお悩みは
「悠デンタルクリニック」にご相談ください

このページの先頭へ

Copyright(C) TOUJI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.