• HOME
  • 診療科目
    • 歯科治療
    • 歯周病治療
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 小児矯正・成人矯正
    • 入れ歯治療
    • インプラント治療
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 訪問歯科・嚥下トレーニング外来
    • TCH
  • 医院の強み
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院案内
  • お問い合わせ
  • 診療予約

当院の器具洗浄、滅菌について

トップ > ブログ > お知らせ > 当院の器具洗浄、滅菌について

当院の器具洗浄、滅菌について

 

 
 

 

今回は、患者様に使用した後の器具を

当医院でどのように滅菌しているのかを

ご紹介致します。

 

 

患者様の治療やメンテナンスで使用した器具は、

目に見える汚れを水洗で落とし

 

 

 

洗浄除菌水成装置のコアクリーン

生成された水を入れた

 

 

BRANSON(ブランソニック)

で超音波洗浄しております。

 

 

コアクリーン

微(弱)酸性(pH5~6.5)低濃度(10~80ppm)で、

主成分である次亜塩素酸(HCIO)を含む

除菌効果の高い、人・環境に優しい

洗浄除菌水(次亜塩素酸水)で、

一般的な薬剤の次亜塩素酸ナトリウムの

約18倍の除菌効果があります。

 

 

 

ブランソニック

超音波により1秒間に4万回以上振動する超音波洗浄機です。

油・ワックス・タンパク質などの除去を

短時間で安全に行います。

出力安定化機構や洗浄ムラを防ぐスイープ機能により

洗浄物の隅々まで強力かつ均一な超音波洗浄を実現します。

 

 

 

ブランソニックで10分以上洗浄した後、

 

ハイパワーウォッシャーに入れ、

1時間半程の時間をかけて

洗浄・消毒をしていきます。

 

ハイパワーウォッシャー

食洗機のような物で強い水流と、熱水により消毒し、

専用の洗浄液でタンパク汚れも

しっかりと落とします。

 

 

その後、滅菌パックに器具を入れ

しっかりと密封した後、

バキュクレープ31Bで滅菌していきます。

 

 

 

このバキュクレープ31Bは、オートクレープ

カテゴリー内で+Bに属す日本では

まだ約2%の導入率の

世界基準の滅菌が行える滅菌器です。

 

 

真空状態と蒸気の注入を繰り返す機械内

器具の中の残留空気を抜き、

細部にまで蒸気を行き渡らせた状態で

滅菌を行う機械です。

 

患者様の治療で止血などに使用しております綿花も、

この滅菌器で滅菌してから使用しております。

 

 

 

そして、治療の際に使用する

 

ハンドピースは、

ハンドピースメンテナンスシステムのアイケアで、

専用のオイルを注油し内部をしっかりと洗浄します。

 

 

その後、高圧蒸気滅菌器メラクイック12+に入れ

滅菌しております。

 

 

このメラクイック12+は拡散加圧脱気方式により、加圧と脱気を繰り返し、

ハンドピース内部の空気を完全に除去し、

蒸気を浸透させ滅菌します。

 

一回の滅菌に20~30分程かかるため、

ハンドピースは医院に各種複数用意しております。

 

 

 

こちらの写真のハンドピースは

治療の際によく使用される物で

タービンといいます。

こちらも医院に12本あり

 

その他ハンドピースも

十分な本数そろえております。

 

 

 

 

ハンドピースの先に装着し使用する

バーも、超音波洗浄後、メラクイック12+

使用し一つずつ滅菌しております。

 

 

 

当医院では、このような工程を

全て行った器具を患者様の治療や

メンテナンスに使用しております。

 

 

清潔で滅菌の行き届いた環境で患者様に

治療を受けて頂けますよう、

 

スタッフ一同、正しい使用方法、手順で

定期的なメンテナンスを行いながら

上記の機械を使用しております。

 

 

どうぞ、ご安心して治療をお受けくださいませ。

 

 

 

このページの先頭へ

Copyright(C) TOUJI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.