• HOME
  • 診療科目
    • 歯科治療
    • 歯周病治療
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯治療
    • インプラント治療
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 訪問歯科・のどトレ教室
  • 医院の強み
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院案内
  • お問い合わせ
  • 診療予約

歯科ユニットウォーターライン除菌装置 ポセイドン

トップ > ブログ > スタッフブログ > 歯科ユニットウォーターライン除菌装置 ポセイドン

歯科ユニットウォーターライン除菌装置 ポセイドン

 

今日は当医院にございます、歯科ユニットウォーターライン除菌装置ポセイドンをご紹介いたします。

 

歯科医院では様々な場面で水が使われています。

しかし、患者様のうがい用のお水や、治療中にハンドピースから出てくる水などは特別な対策をしなければ、飲用できる水道水の基準の数十倍から数千倍の細菌(弱毒性)が検出されるというデーターがあります。

またこの細菌は従属栄養細菌と呼ばれるもので、髄膜炎などの原因菌の一つで健康なひとが摂取しても問題はないと言われていますが、免疫力の弱いお子様や高齢者のかたには注意が必要です。

歯医者で虫歯やお掃除をしたのに、そこで使われている水が不衛生なもので、さらに別に菌をもらってしまうなんて恐ろしいですよね。

当医院では患者様のお口に入るものは徹底して、安全なものを使用したいと考え、この歯科ユニットウォーターライン除菌装置ポセイドンを導入しております。

 

このポセイドンの主な働きを簡単に申し上げますと、

1、院内全ての給水管内を除菌する。(細菌数はゼロに近い)

2、院内感染対策として強力な効果を発揮する。

3、治療時の水はかなりクリーンなものになる。

以上三点が挙げられます。

 

ポセイドンから作られる水は添加物は一切使わず、水道水のみの中性の水です。水道水内の塩素濃度を調節して人には無害ですが、菌が生きられない環境の殺菌力のあるお水を作ります。

日本の水道水は世界的に見てもかなり水準の高いものです。水道水は塩素によって消毒されていますが、塩素はすべての細菌に有効なわけではなく、中には塩素では死滅しない細菌もあります。また、水道管内に溜まっている細菌やウイルスからの感染もない話ではありません。

そのような水道水や水道管内をポセイドンによって除菌し院内に流れる水を、限りなく細菌数0に近い状態に保っています。

 

つまり、患者様の治療中のうがい用の水は、飲んでいただいても全く問題のない、安全で綺麗なお水です。それと同じものが、ハンドピースから出ておりますので、治療中にお口の中に入る水は安全なものになります。

 

患者様に安心して治療を受けていただけますように、器具の消毒・滅菌や、水の管理も行っておりますので、ぜひご安心してご来院、治療、メンテナンスをお受けください。

 

post-18こちらは当医院で使用、行っております器具の洗浄・滅菌方法について以前ご紹介しましたブログです。よろしければこちらも是非ご覧ください。

 

このページの先頭へ

Copyright(C) TOUJI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.