• HOME
  • 診療科目
    • 歯科治療
    • 歯周病治療
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 入れ歯治療
    • インプラント治療
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
  • 医院の強み
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • お問い合わせ
  • 診療予約

銀歯が気になる
(審美歯科)

トップ > 銀歯が気になる(審美歯科)

気になる銀歯を白くて自然なセラミックに~審美歯科~

保険診療で虫歯治療を行うと、ほとんどの場合は合金製の詰め物や被せ物、いわゆる銀歯を使用します。銀歯は耐久性が高く、比較的安価に歯の機能を補うことができるため歯科治療で広く使われていますが、一方で白い歯列の中で目立ってしまうといったデメリットがあります。

そのため、「口元が気になり思い切り笑えない……」とコンプレックスをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな方は大阪市東淀川区の歯医者「悠デンタルクリニック」の審美歯科にご相談ください。

銀歯を白い歯に替えませんか?

審美歯科というと「口元をきれいにするところ」というイメージが強いと思います。しかしそれだけではありません。見た目に重点を置きながら、歯の機能を回復するのが目的です。銀歯をセラミック製などの美しい白い人工歯に替えれば、口元のコンプレックスが解消し、笑顔に自信が生まれるはずです。

金属アレルギーについて

銀歯は、長期間使い続ける間に金属が少しずつイオン化して溶け出し、体内に取り込まれることで金属アレルギーの反応を起こす可能性があります。原因不明の全身のかぶれやかゆみはお口の中の銀歯が引き起こしているのかもしれません。そこでおすすめなのが金属を使用しない「メタルフリー」治療です。治療素材をセラミック製にすれば、金属アレルギーになるリスクを抑えることができます。

当院での取り扱い審美メニュー

オールセラミック

ジルコニアは見た目が美しいだけでなく強度や耐久性が高いセラミック製のメタルフリー素材です。

メリット
  • 天然歯のような透明感があります
  • 耐久性や強度に優れているので咬み合わせが強い部位にも使用可能です
  • 変色がほとんどありません
  • 汚れがつきにくく衛生的です
デメリット
  • 天然歯より硬いので咬み合う歯を傷めてしまうことがあります
  • 歯を削る量が比較的多めです
  • 比較的費用が高額です
メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼きつけてつくる被せ物です。

メリット
  • フレームが金属なので強度と耐久性が高く奥歯にも使用可能です
  • オールセラミックより安価です
デメリット
  • 色調や透明感はほかのセラミック素材に比べてやや劣ります
  • 金属アレルギーの心配があります
  • 経年により歯ぐき付近に金属が見えてしまうことがあります
ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混ぜ合わせた素材です。適度なやわらかさがあります。

メリット
  • 硬すぎないので咬み合う歯を傷めません
  • 金属不使用なので金属アレルギーの心配がありません
  • ほかのセラミック素材より安価です
デメリット
  • 色調はほかのセラミックに劣ります
  • 経年により変色することがあります
ファイバーコア

通常は金属でつくる被せ物の土台(コア)を、グラスファイバーで補強した歯科用プラスチックでつくるコアです。

メリット
  • 被せ物の透明感を損ないません
  • 適度なしなやかさがあるので歯根を傷めません
  • 金属アレルギーの心配が不要です
デメリット
  • 歯の状態により使用できないことがあります
  • 金属のコアに比べて高価です

お口まわりのお悩みは
「悠デンタルクリニック」にご相談ください

このページの先頭へ

Copyright(C) TOUJI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.